ライラックの素敵な旅行と飛行機と

40代2児のパパである陸マイラー2年目の旅行記、飛行機ネタ、マイル備忘録ゆるゆるブログです。

バンコクバリ旅行記 オプショナルツアー【水上マーケット・アユタヤ遺跡・象乗り体験・カリプソキャバレー編】パート1

お疲れ様ですライラックです。

 

子供の春休みに合わせてバンコクとバリにANA国際特典航空券を発券して旅行に行ってきました。

 

 今回でバンコクバリ旅行記4回目になります。

 

ブログを更新するのがなかなか進みません。

毎日のように更新していらっしゃるブロガーの皆さんには敬意を評します。 

目次

 

 

 

バンコク バリ 旅行記 今までの行程です。

 

1日目 タイ国際航空 セントレアバンコク 

2日目 バンコク市内観光 るいねこさんとプチオフ会

3日目 水上マーケット・アユタヤ遺跡・象乗り体験・カリプソキャバレー

 

今回は3日目から

 

前回はバンコク市内散策とプチオフ会の記事を書かせてもらいました。

 

今回はバンコクで各種オプショナルツアーを企画しているVELTRA」で予約して水上マーケット、アユタヤ遺跡、象乗り体験と最後はカリプソキャバレー(ニューハーフショー)を一日でめぐるバンコク満喫ツアーに行ってきたのでその体験レポートを書いてみたいと思います。

 

 VELTRA予約編

予約はネットから現地オプショナルツアー会社のVELTRA」で取りました。

私たち家族は海外旅行に行く際いつも利用しています。

旅行先での行動(予約)は妻と相談というよりは妻に任せきりにして私は飛行機とホテルの手配に専念します。空港からホテルなどの移動手段も先輩ブロガーの方々のブログなどから情報収集をして万全の体制で旅行に備えます。

 

ちなみにVELTRA」はポイントサイト経由でお得に申し込むことができます。

まず初めに下記のバナーからポイントサイトであるGet Moneyに登録して

  

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

登録が完了したらGet Moneyの検索機能を利用して「VELTRA」を探します。

この画面が出てきたらポイントを貯めるをクリックするとVELTRAのサイトに飛びます。必ずここをクリックしてからツアーを申し込んでください。そしてVELTRAのサイトに飛んだあとにサイトを閉じてしまったら再度ここをクリックしてサイトに飛ぶようにしてください。

 

f:id:zar146zar146:20180403195547j:plain

これをするだけでツアー代金の3%分のポイントが付与されます。

 

私は今回のバンコクとバリのオプショナルツアー代金約6万円をこの方法で予約し約1800円分のポイントをゲットする予定です。

 

上記にも記載があるとおりツアー終了後から約90日後に付与なので忘れた頃に1800円が入ってくるという得した感じ?になれます。

本当はすぐにでも欲しいところですが、果報は寝て待てですかね(^_^;)

 

それとポイント獲得条件をよく読むようにしてください。VELTRAに関しては申し込んでツアーに参加すればいいだけなので簡単ですね(^^♪

 

でもポイントサイトなんか登録するの面倒だと思われる人は直接「VELTRA」のサイトで申し込んでください。

www.veltra.com

 

 

ツアー開始

ホテルにお迎え

ツアーの始まりは宿泊しているホテルのロビーまでガイドさんが迎えに来てもらえます。

日本語が話せるタイ人のガイドさんが先にホテルのロビーに現れてそのあとにドライバーと共に車が来ます。ちなみにドライバーは日本語が話せません。

06:40に日本語ガイドさんがホテルのロビーに現れましたが、車がまだ到着しません。どうもバンコク名物の渋滞に巻き込まれてしまったようで、到着したのは07:00でした。

 

車はハイエースの11人乗り、私たち家族と違うホテルでスタンバイしていたもう1グループを乗せてまずは水上マーケットに行く途中の休憩場所であるココナッツファームに向かいます。

 

ココナッツファーム

ココナッツファームといってもしっかりした建物があるわけでなく、屋根が有るだけの建物の下でココナッツから取れるオイルを使ったコスメや民芸品などが観光地価格で売られています。なにか購入するのであれば必ず値切りますが、コスメはディスカウントしてもらえませんでした。民芸品は3割引ぐらいにはなります。

f:id:zar146zar146:20180407163335j:image

後から後から大型バスやツアーバスなどが訪れているのでツアー会社と契約しているののではないかと思います。

 

 

 

水上マーケット

 モーターボート

ココナッツファームをあとにして20分ほど走ると水上マーケットに向かうためのモーターボート乗り場に到着します。ここでモーターボートに乗って水上マーケットがある場所に行きます。

 

このモーターボートは細長い船でかなりスピードが出ます。

帽子が飛ばされるぐらいのスピードなので子供と女性は「きゃあきゃあ」言いながら楽しんでいました(笑)

f:id:zar146zar146:20180407174545j:image

f:id:zar146zar146:20180407174601j:image

 

上の子供は怖がりなので身をかがめてましたが(^_^;)

下の子供は満面の笑みを浮かべて滅茶苦茶楽しんでいました。

f:id:zar146zar146:20180407174631j:image

 

水上マーケットはモーターボートでも通るのですが、通り過ぎるだけで買い物はできません。手漕ぎボートに乗らないと買い物はできないのです。

 

後から考えるとガイドさんはボートには乗らず車で水上マーケットまで来ていたのでモーターボートに乗る必要があったのかどうか疑問ですが、まあ楽しかったからよしとしましょう!!

 

 

 手漕ぎボート

モーターボートを降りて手漕ぎボートに乗り換えます。しかし手漕ぎボートは追加料金を払うんですよね。1人200THB(約600円)大人子供共通料金です。

せっかく来たしこれから来ることがあるかどうかもわからないので少々高いと思いましたが手漕ぎボートに乗っちゃいました。

 

手漕ぎボートに乗ると水上マーケット内を一周する間に買い物ができます。様々な民芸品や仏像、子供の玩具などが売られていて、ボートを動かしているおばちゃんに頼むとお店に船を横付けしてもらえます。

運河の両脇に店を構えてるのがほとんどでしたが、果物屋だったりヌードル屋はボートに乗って売りに来ています。さながら移動販売所のようでした。

 

手漕ぎボートとモーターボートが入り混じるところはカオス状態ですが、操舵手のおばちゃんは難なく切り抜けて船着場に到着します。

 

f:id:zar146zar146:20180407174127j:image

 

リベンジ

今回、うちの家族が水上マーケットで買った品物です。

 

f:id:zar146zar146:20180518205841j:image

 

これなんだかわかりますか?

そうワンピースに出てくるウソップが使用している武器、その名はパチンコです。

さあ値段交渉です。初めは2個で600バーツと吹っかけてきます。ここで600バーツを素直に払ってまいけません。こちらは200バーツと言うと店側は400バーツここで食い下がります。じゃあ350バーツはどうだ!!!

結局2個で350バーツになりました。

それでも高いですし品質としては、う~ん(・・;)。

でも、いいんです子供たちが喜んでくれれば(^^♪

 

このパチンコ、実は去年も買っているのです。

去年、妻と子供2人だけで(私はとある事情でキャンセル)バンコクプーケットに旅行に来ていてその時に買ったのですが、帰りの飛行機に乗るときに手荷物として機内へ持ち込もうとして無情にも没収されてしまい下の子供が泣きじゃくるトラブルがあったんですよね。

なのでリベンジを果たすために水上マーケットに買いに来たんです。

 今回は抜かりなく大きいスーツケースにしまい込み飛行機のFWDカーゴかAFTカーゴに入れさせてもらい無事に日本まで持ってくることができました。

 

ドリアンを食す

手漕ぎボートを降りたところに果物屋があったのでマンゴーとドリアンを買ってみました。

マンゴーは甘くて食べごたえがあり絶品でした。おまけにマンゴスチンまでいただきました。

しかし!!ドリアンは一口も食べずに匂いを嗅いでもうダメでした(`A´)マズー

今回の旅行は実家の母も連れてきたのですが、その母がドリアンを食べたいと言い出したので買ってみました。

母も一口食べて終了してました。

(ちなみに母は東京からANAビジネスクラスバンコクに来て私たちとスワンナプームで落ち合い行動を共にしていました。)

 

f:id:zar146zar146:20180407170626j:image

 

f:id:zar146zar146:20180407170646j:image

 

f:id:zar146zar146:20180407170701j:image

 

 

一旦バンコク市内へ

しばらく果物を食べながら休憩をすると集合時間になり水上マーケットを後にして

一路バンコク市内へ戻ります。

 

バンコク市内に戻ると、どこかのホテルの中にあるブッフェ方式のレストランで昼食をとります。 

しかし、ここでの写真は一枚もありません。言い訳ですが、なんせレストランは大混雑で満席状態、ここのレストランは各ツアー会社が契約してるとみられ次から次へと人が流れ込んできてました。

 

なので写真を撮る気分になれなくて・・・・・。

 

料理の種類はタイ料理、中華、寿司、フルーツ、ケーキ類等があり子供でも食べられます。

子供達も辛くない料理を取って食べてました。

 

 

つづく

次はアユタヤ遺跡に向かいます。

つづきの記事はパート2にて。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

zarly3p.hatenablog.com

 

 

zarly3p.hatenablog.com

 

 

zarly3p.hatenablog.com

 

 

zarly3p.hatenablog.com